美肌ローラー

現在、本当に様々な種類の美顔器が存在しています。超音波美顔器・レーザー美顔器・スチーム美顔器・イオン導入器・ローラー美顔器(美肌ローラー)…とあり、そして、それぞれの種類ごとに各メーカーが、競うように様々な美顔器を販売しています。

少し前…それこそ15年ほど前でも、現在ほど家庭で使用できる美顔器というのはそう多くはなかったのではないでしょうか。販売はされていましたが、価格も高いため、一般市民が気軽に購入できるようなものではなかったような記憶があります。一般家庭で使用できるということは、素人でも扱うことができる美顔器ということですよね。

しかも、ここ数年の美顔器は、素人でも簡単に扱えるものばかりで、エステティックサロンと同様…とまでは言わなくても、それに近い効果を得ることができるような、高い性能の美顔器が揃っています。価格もグッと下がり、もちろん美顔器の種類によっても異なりますが、手軽に購入しやすい価格になりましたよね。そのなかでも、手軽に購入することができ、また手軽に使用することができる美顔器というのが、ローラータイプの美顔器です。

現在では、美顔器の1つとして高い人気を得ていますし、今や知らない女性はいないのではないか…というくらい、世間に浸透していますよね。この美肌ローラーの人気に火が付いたのは、もしかしたら記憶違いをしているかもしれませんが、IKKOさんがあるテレビ番組で紹介してからではないかな、と思います。日本テレビ系列の情報番組であるおネエMANSにIKKOさんが登場した時に、確か紹介していたんですよね…。

私自身、それまで美肌ローラーという存在を知らなかったので、こんなものがあるのかと驚いたものです。

若干、得られる効果に半信半疑だった部分も正直なところあったんですけど、でも、それを実際に使用しているIKKOさんを見れば(もちろん美肌ローラー以外のケアなどもしっかり行っているとはいえ)説得力あるなぁ…と。それ以降、様々なメーカーが美肌ローラーを開発・販売し、現在のように多くの美肌ローラーが存在しているのだと思います。

美肌ローラーは、片手で簡単に持つことができるようなコンパクトなサイズで、それをコロコロと肌の上を転がすだけで、美肌効果を得ることができる…という美顔器です。

携帯しやすい小さなサイズと、片手で充分に持つことができる軽さであるため、それこそテレビを見ながらだとか、本を読みながらでも、片手でコロコロ…とすれば良いのですから、不器用な方でも簡単に使いこなすことができますし、それに何より「何かをしながらマッサージできる」というのが良いですよね。

どんなに効果の高い美顔器が自宅にあっても、「さぁ、美顔器を使ってケアをしよう!」とそのための時間を作らなければならないのは、人によってはかなり面倒だったりします。敢えて肌ケアのための時間を作ること自体が面倒に思う方もわりといらっしゃるのではないでしょうか?私はそのタイプです(笑)ですから、肌ケアのためだけの時間を作らなくても、テレビやDVDを見ながらコロコロ…というのは、とても魅力的です。本当は、鏡を見ながらする方が良いのでしょうけどね。

また、美顔器のなかでも、美肌ローラーは安価ですし、使用する際に電気や電池、充電なども不要です。家の中でも寝室やリビング、お風呂の中…と、使う場所を選ばないのも良いですよね。もちろん、先ほども触れたように携帯にも便利ですから、旅行先や出張先でも持ち込んで使用することができますよ。加えて、超音波美顔器やイオン導入器…などは、使用方法を間違えると壊れてしまったり、また肌へ逆効果を与えてしまう可能性もありますが、美肌ローラーの場合はそんな心配は不要です。

美肌ローラーは、肌に触れる部分は、大抵のものがゲルマニウムで作られています。ゲルマニウムというのは、温泉・鉱泉などにも含まれている成分で、肌に接触すると、肌の電位が正常化され、新陳代謝を促進し、老廃物などの不要な物質を除去する作用があります。各メーカーによって、また種類によって、このゲルマニウムの石の数・大きさ・純度…などは異なっていますから、得られる効果には差がありますが、しかし使ってみて後悔することはないと思いますよ。

更に、最近の美肌ローラーには、LED療法による光ケアが導入されていたり、ゲルマニウムの代わりにプラチナや半導体セラミックが埋め込まれた美肌ローラーも存在します。回転の種類に複数のパターンが用意されているなど、追加機能が搭載されていることで、更に高い効果を期待することもできますよ。

ちなみに、LED療法というのは、次世代の照明としても人気の発光ダイオードのことですが、実は最近、このLEDをニキビ治療に使用する療法が注目されています。光療法は、20年も以上前から存在していますが、様々な光を使って現在まで、そして現在もなお開発され続けています。その開発の1つがLEDであり、医療用への応用が考えられたのです。

美肌ローラーで小顔になる?!

どんなにリーズナブルで、そして簡単に使用できる美顔器とはいえ、効果が得られなければ意味がありませんよね。購入したものの、何の効果も得られないのであれば、たとえ安価で購入しても、無駄な買い物となってしまいますから。美肌ローラーを使用することで得られる効果というのは、簡単に上げていくと、小顔効果・美肌効果・アンチエイジング効果が挙げられます。ほうれい線にも美顔器はよく使われますね。

小顔効果というのは、美肌ローラーを使用することで、表情筋を鍛えることができるということです。元々の、生まれつきの顔の大きさなのであれば諦めるしかないですが、加齢によって表情筋が衰え、それが原因で顔が大きくなってしまったのであれば、できることならば直したいですよね。

とはいえ、インターネットや雑誌でも、小顔効果を得られるマッサージ方法などが多く掲載されていますが、1回やっただけでは効果が得られるわけがなく、長期に渡って続けなければなりません。

しかも、そのマッサージ方法が難しかったり、判りづらかったり、また面倒だったりすると、なかなか長期間続けるのは難しかったりします。

また、様々な方法があるので、目移りしてしまって、結局どの方法を利用すれば良いか混乱してしまうこともあるかもしれません。何度も挑戦してみたものの挫折してしまった…という方も多いのではないでしょうか。

しかし、顔が痩せるだけでも全体的な印象というのはかなり変わります。顔の存在していた余分な脂肪がなくなって顔が小さくなると、目・鼻・口の各パーツが大きく見えるようになりますから、可愛く、または美しく見えるんですよね。「太る時は顔から、痩せる時は胸から」とよく聞きますが、これは本当にその通りで、顔は様々な要素で太りやすく、そして痩せにくい場所なのです。

ただ食べ過ぎて、体重増加と共に顔にも脂肪が付き、大きくなる…というだけでなく、例えばむくんでしまうことでも大きくなりますし、老化現象の1つとして大きく見えることもありますよね。このうち、むくみといっても軽く考えてはいけません。むくみが続くことで脂肪が増えてますます痩せにくくなりますし、マッサージをするにしても筋肉に負荷をかけづらいのでなかなか効果が現れなかったりもします。

また、年齢を重ねるごとに筋力は衰えていき、そして重力に勝てなくなってしまったせいで顔の余分な脂肪を支えきることができなくなり、筋肉はどんどん下がっていきます。そうなると、それが顔のシワ・たるみ・二重顎…などの症状を引き起こしてしまうことになります。

これらの原因によってフェイスラインが崩れてしまい、全体的に顔が大きく見えてしまうのです。小顔になることで、他人へ与える印象もかなり変わってきますし、着用する洋服にも幅ができます。

また、メイクするのも楽しくなるかもしれませんよね。何歳になっても女性であることを楽しめるよう、是非、小顔効果を手に入れて下さい。

小顔になるためには、マッサージをしたり、身体中の様々な部分に存在するツボを刺激してみたり…と様々な種類がありますが、しかし共通しているのは、皮膚の下に存在している表情筋を鍛えることなんですよね。

美肌ローラーならば、簡単に表情筋を鍛えることができます。美肌ローラーをフェイスラインに沿って下から上へコロコロと転がすだけで表情筋を鍛えることができ、そしてリフトアップへと繋がりますから、簡単ですよね。

表情筋を鍛えると同時に、たるんだ皮膚も持ちあがっていきますから、よりフェイスラインが引き締まり、無駄のないキレイな小顔を作ることができますよ。マッサージは、間違った方法で行っていたり、またつい力を入れてマッサージしてしまうと、小顔になるどころか、逆にシワを作ってしまったり、たるませてしまったりする可能性もあります。その点、美肌ローラーであれば、そんな危険性もありませんから、特にマッサージの知識がない方でも安心して使用することができますよ。

また、顔の下を通っているリンパ腺に対しても、美肌ローラーを転がすことで適度に刺激を与えますから、リンパ液の流れも改善されます。それにより、体内に溜まっている老廃物や、余分な水分をスムーズに排出することが可能となりますので、むくみの解消にも繋がります。

リンパ腺というのは、リンパ節と呼ばれることもありますが、複数の細いリンパ管が合流する場所にある、空豆のように膨らんでいる器官を言います。リンパ管は、血管のよう全身を通っており、その中にリンパ液という液体が流れています。

このリンパ液というのは、血しょうと白血球の一部が毛細血管から身体の組織に浸透し、リンパ液に流れ込んだものを言います。リンパ液は、古い細胞・血球の欠片…などの老廃物や、腸管にて吸収された脂肪を運ぶ仕事をしています。

リンパ液は、リンパ管の中を流れた後に血管へ入り、心臓・動脈を流れ、毛細血管から浸み出して、そうして再びリンパ管へ入り込む…というような循環を行っているのです。溜まっている老廃物をしっかりと排出しきり、そしてマッサージによって血行を良くすることで、顔の脂肪燃焼率も次第に高くなっていきます。

そうなれば、無駄な脂肪を落とすことができますから、更に小顔へと近づくことができますよね。

小顔効果を目的に美肌ローラーを使用する場合は、入浴中や入浴後の、身体が温まっており、血行が良い時に行うとより高い効果を得ることができます。これも、老廃物を排出しやすくなり、また脂肪燃焼効果を期待できるという理由もありますし、身体が温まっているということは筋肉も温まっているということですから、負担をかけずにスムーズにマッサージをすることができます。

そして、各メーカーの美肌ローラーによっても異なりますが、一般的に、小顔効果を目指すのであれば、タッピングというやや刺激を強めに与えるモードで美肌ローラーを使用すると良いと思います。タッピングというのは、エステティシャンによるマッサージを行う際の指の動きを機能として再現できるモードです。軽く美肌ローラーを転がしているつもりでも、実際は1分間に数百回もタッピングを行っており、かなり高い効果を得ることができるのです。

美肌ローラーの効果:美肌効果

肌は、身体が疲れていたり、また加齢(老化)などによって血行状態がどんどん悪くなっていきます。ご存知の通り、血液は、酸素や栄養分を身体の隅々まで送り届ける働きをしますが、血流が悪いと、身体の免疫力が落ちてしまい、風邪などの病気にかかりやすくなったり、アレルギー症状が悪化する場合があります。

更に、血流が悪いことが原因で動脈硬化が悪化することもあり、それにより脳梗塞・心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまう可能性もあるのです。人間の身体には、およそ60兆個もの細胞が存在しています。その細胞全てが酸素と栄養分を必要としているのですから、その血流が悪くなれば、細胞の働きも衰えてしまいますし、様々なトラブルが生じてしまうのは当然のことですよね。

それに、血行が悪くなると、細胞から排出される老廃物などを回収する働きも低下してしまいますし、代謝能力もダウンしてしまいますから、体内に毒素や老廃物が溜まりやすくなり、体温の低下や体内酵素の機能の低下に繋がってしまいます。

もちろん肌にも酸素や栄養を届けています。血液の流れが悪くなると、肌の下を通っている毛細血管にも十分な血液が流れなくなるということですから、顔色が悪くなったり、肌がくすんで見えたりしてしまうのです。寝不足になると、目の下にクマができてしまいますが、これも血液の流れが悪く、細胞の1つ1つに必要な酸素や栄養分が行き渡っていないからなのです。寝不足・身体の疲れ→血行不良→クマということなんですね。体内の新陳代謝と同様、肌も新陳代謝が行われているのですが、そのために必要な酸素や栄養分が不足していれば、当然、新陳代謝は乱れてしまい、肌の乾燥や肌荒れなどの肌トラブルを引き起こし、健康な肌を維持することができなくなってしまうのです。

肌の新陳代謝をターンオーバーと言いますが、ターンオーバーは、肌を健やかで美しく、そして若々しく保つためには最低限必要なものです。ターンオーバーというのは、簡単に説明すると、新しい肌細胞を生み出し、古くなった肌細胞を排出する肌再生機能です。皮膚というのは、大きく3層に分かれています。肌の内側から順に皮下組織→真皮→表皮と分かれており、皮膚の一番底の皮下組織が一般的に皮下脂肪と呼ばれているところで、ほとんど脂肪で構成されています。

この皮下組織がギュッと掴んで離さないのが次の層である真皮です。真皮には、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンが存在しており、なかでもコラーゲンは真皮のおよそ70%を占めていて、肌のハリを保っています。

そしてヒアルロン酸は肌に潤いを、エラスチンは肌の弾力をそれぞれ保っているのです。そして次の層…皮膚の一番外側にある表皮ですが、ターンオーバーは、この表皮で行われています。表皮は、更に内側(真皮に近い側)から基底層→有棘層→顆粒層→角質層の4層に分かれており、表皮は薄い皮脂膜で覆われています。基底層は、新陳代謝の出発点で、この層で細胞分裂することから始まります。この基底層は、ケラチンを生成するケラチノサイトと、メラニン色素が生成されるメラノサイトという2つの細胞から構成されており、ケラチノサイトから分裂した細胞が、その上の有棘層へと移動するのです。

有棘層では、不要な成分を分解していくので、細胞の形がだんだんと偏平になっていきます。顆粒層では、肌の潤い成分であるNMFや細胞間脂質が生成されています。NMFというのは天然保湿因子のことで、水分保持力を持つ物質の総称で、アミノ酸・ミネラル成分・水とよく馴染みます。顆粒層にある細胞内のタンパク質が、細胞の角化(ターンオーバーで、基底層から生まれた新しい細胞が分裂を起こし、角質層まで押し上げられて最終的に赤となって剥がれ落ちること)の過程でNMFに変化し、水分を蓄えて角質層へと移動するのです。

ちなみにここまでの、基底層→有棘層→顆粒層まで、およそ14日間かかるといわれています。角質層は、表皮の1番外側の部分です。角質層まで達した細胞は、核がない状態になっており、これ以上は分裂することができない、生命力のない細胞となってしまいます。この状態になることを、先ほども触れた角化と呼ぶのですが、角質層は水分を貯めている場所で、皮脂腺から分泌された皮脂と、汗腺から分泌された汗が乳化する(混じり合う)ことで皮脂腺という肌のバリアが作られます。

この角質層でおよそ14日間、角質細胞は留まり、その後は垢となって剥がれ落ちていきます。つまり、基底層から新たな肌細胞が誕生してから、角質層まで移動して剥がれ落ちるまで28日間…正しく機能しているターンオーバーは28日周期で行われるということになります。正常にターンオーバーが機能していなければ、周期より早くても遅くても肌にとっては悪い方向へと進んでいってしまいます。シワ・シミ・くすみ・肌の乾燥・吹き出物・ニキビ・たるみ…これらは、ターンオーバーが乱れることで引き起こされやすくなる肌トラブルです。

美肌ローラーを使ってマッサージすることで、血流を良くし、それによって正常なターンオーバーを維持することができるのですね。また、美肌ローラーによっては、大抵の場合は、ローラー部分がゲルマニウムで作られています。

その場合は、ゲルマニウムのイオン作用により、より代謝機能を上げることができますよ。

ゲルマニウムというのは半導体なのですが、このゲルマニウムが32度以上のものに接触した場合、マイナス電子を放出します。そのマイナス電子が血液に含まれている鉄分の電子と反応することにより、イオン化され、新陳代謝が活性化されるのですゲルマニウムの効果は電源を必要としませんし、半永久的に使い続けることができます。しかも美肌ローラーならば、コロコロと転がすだけでOKなので、簡単なのも良いですよね。

美肌ローラーの効果:アンチエイジング効果

美肌ローラーを肌の上で転がすことにより、アンチエイジングの効果を得ることもできます。アンチエイジングというのは、日本語で言えば、抗老化、抗加齢といいます。

老いが進むのを防ぎ、若返りを促すことを指すんですね。老化の原因には、ホルモンの質の低下・免疫力の低下・活性酸素による酸化ストレス…などが挙げられます。

このなかでも、特に活性酸素による酸化ストレスは主な原因となるのではないでしょうか。リンゴを切った後、そのままの状態で放置しておくと茶色く変色していきますよね。

また、金属も時間が経過すると共に錆び付いてきますよね。これが体内でも起こるのですから、身体によって良いわけはありません。人間を始め、ほとんとの生物は酸素を吸って生きていますが、酸素を使って体内で栄養分を分解し、そしてエネルギーを得ています。酸素が他の物質を結びつくことを酸化というのですが、人間の身体にある60兆個もの細胞の1つ1つが血液から酸素・栄養分を受け取り、分解してエネルギーを手に入れて生きているんですね。身体に存在する全ての細胞に酸素・栄養分がしっかり行き届いていれば、細胞の1つ1つが元気だということになります。

しかし、呼吸をすることで体内に取り入れられた酸素は、エネルギーを生み出す過程で極めて不安定な状態になることもあります。不安定になると、酸素はとにかく近くにある物質ととりあえず結びつこうとします。その状態の酸素というのは非常に酸化力が強力であり、それが活性酸素となるのです。老化というのは、もちろん加齢によっても起こるものというよりも、身体の酸化に比例します。酸化=サビですが、これは活性酸素によって起こります。ただ、活性酸素は身体に害を与えるためだけの存在というわけではなく、寧ろ、生きていくうえでなくてはならない重要な存在でもあります。活性酸素には殺菌作用や解毒採用があり、例えば、体内に細菌やウィルスが入りこんできた場合、活性酸素はこれらを退治してくれる存在となるのです。防御機能の役割を担っている好中球やマクロファージなどの免疫細胞は、呼吸に関係なく、自ら活性酸素を作り出すことができるので、ただし、活性酸素が過剰に発生してしまうと、細胞を傷つけるものへとなってしまうのです。それにより、ガン・心筋梗塞・脳卒中・糖尿病…といった生活習慣病を引き起こし、最悪の場合は命をも脅かす病気になってしまうこともあるのです。また、アトピー性皮膚炎・シミ・シワの原因になり、老いるスピードを早めてしまうことにもなってしまうのです。

とりあえず、老化を防ぐためには、活性酸素を減らすことが大切です。その1つの活性酸素を減らす方法の1つとして、美肌ローラーが挙げられるのです。

例えば、プラチナを導入してある美肌ローラーの場合は、活性酸素をジョ今日する抗酸化作用が付帯されており、使い続けることで体内の活性酸素を取り除くことができます。ゲルマニウムという半導体が原料となっている美肌ローラーであれば、使用する度にマイナスイオンが放出され、それが生体電流と接触し合い、肌細胞にちょうど良い刺激を与えることができます。それに、血行も良くしてくれますから、酸素と栄養素をしっかりと細胞の1つ1つに運ぶことができ、また老廃物も排出することもできますしね。

もちろん、美肌ローラーを毎日使用していても、老化を促す(酸化を促す)ことを行っていれば意味がありません。過酸化脂質・食品添加物・飲酒・喫煙・ストレス・激しい運動・細菌やウィルス、カビ・紫外線・酸性雨・残留農薬・排気ガス・ダイオキシンなどが、老化を促すものとして挙げられるのですが、これらをなるべく避けるようにすることが大切です。

逆に、体内の活性酸素を排出する効果のある抗酸化物質を摂取すれば、より高いアンチエイジングを目指すことができますよ。抗酸化物質には、ビタミンACE(エース)と呼ばれているビタミンA・ビタミンC・ビタミンE、ポリフェノールなどがありますので、これらを多く含んだ食品を積極的に使用したり、また、これらが配合されているスキンケア化粧品を使用するようにしてみてはいかがでしょうか。

美肌ローラーの選び方

現在、美肌ローラーは、各メーカーから様々な種類が販売されています。元祖美肌ローラーといっても過言ではないプラチナゲルマローラーや、美肌と引き締め効果がかなり期待できるスリムセラ・赤色と青色のLEDも糖際されているフォトプラチナローラー エコ・リンパマッサージに長けており、新陳代謝を促す効果が期待できる半導体ビューティーローラー・エステサロンのプリマヴェーラが開発したT&Tプラチナローラー・純度99.999%の純無垢ゲルマニウム粒がローラー部分に配置され、マイナスイオンが放出されるピュアゲルマローラー…などがあります。

それぞれに特徴や魅力があり、特に得られる効果や、特化している効果も異なりますので、一概にどれが1番良い美肌ローラーなのか…という判断はできません。人によって感じ方も違いますしね。美肌ローラーを選ぶ場合は、インターネット上のランキングサイト・比較サイト・口コミサイトなどを参考にしつつ、幾つかのチェックポイントを基準に選んでみてはいかがでしょうか。

まず素材ですが、最初にも触れましたが、美肌ローラーの多くの素材は、ゲルマニウムです。マイナスイオンを集めることができ、それにより、転がすことによる肌への刺激以外の効果も得ることができます。

また、ゲルマニウム以上に安定しているのが、遠赤外線効果を持つセラミックを使用した美肌ローラーです。ゲルマニウムとセラミックの両方を利用したものもありますよ。更に最近の美肌ローラーは、電気を使用してローラー自体を温めてから使用できるものもあります。

美肌ローラー自体は電気を必要としませんが、冬場でも快適に使用できるように工夫されたんですね。美肌ローラーを温めることで、冷たい金属を肌に当てる…というちょっとした苦痛を回避することができますから、冬場は美肌ローラーを使用するのを躊躇してしまい、ついに使用しなくなってしまった…ということにはなりません。

また、美肌ローラーは、デザインも様々です。棒状の形もあれば、途中から枝分かれになっているもの(Y字状)などがあります。枝分かれしている美肌ローラーは、両方の頬を同時にマッサージできて便利ですよ。棒状の美肌ローラーは、顔以外の部分(肩など)にも使うことができますよね。

もちろん、同じ棒状の美肌ローラーでも、種類によってカラーもデザインも違いますから、好みで選ぶことができるのも良いですよね。

更に、肌に触れる部分…回転子の数が、6面のものと8面のものもあります。更に、それぞれの面に付けられたゲルマニウムなどの数にも違いがあります。数が多ければ、その分高い効果を期待することができますが、価格も高くなってしまいますので、予算のことも考えて選んで下さい。

あとは、各メーカーが実施しえいるキャンペーンや、返金保証、購入後のアフターサービスなども確認する必要があります。

同じような価格で、同じような効果が得られるのであれば、アフターサービスが充実しているメーカーの美肌ローラーの方が良いですよね。いくらリーズナブルな美顔器としても、そう簡単に買い替えることができるものではありませんし、様々な種類がありますから、じっくり考えて選んで下さいね。

コメントを残す