フレッツ光の光コラボ

従来までは、光回線を利用するためには、プロバイダーとNTTやauなどの、光回線事業者との利用契約をしなくてはいけませんでした。NTT系列やau系列のプロバイダーを利用している場合は、料金が一括で請求される場合もありますが、そうでない事業者を利用した場合は、プロバイダーと回線事業者の両方に、支払いをしなくてはなりませんでした。また、契約内容の変更や、レンタル機器の提供も、それぞれ窓口が別になっていることもあるなど、利用者にとっては不便な状態ともいえました。

しかし、現在では、フレッツ光が持っている回線を、プロバイダーが借りることで、プロバイダーが光回線サービスをセットで提供することが可能になっています。これが光コラボレーションです。

光コラボを利用するメリットは、光回線事業者とプロバイダー艇容赦が一緒になる形となるため、手続きが簡単であるという点にあります。

また、セットでお得なプランを提供しているなど、利用者がインターネットを利用する際の通信費を節約することができるというメリットもあります。そのため、2015年にサービスが開始されてから、多くの人が光コラボレーションを活用して、フレッツ光からそれぞれのサービスへと転用しています。

中には、フレッツ光から転用するにあたって、手続きが面倒なのではないかと考えている人も多いようです。しかし、手続きはそこまで面倒なものではありません。転用したい場合は、フレッツ光のほうで転用番号を発行してもらいます。そして、その番号を、自分が契約したい新しい契約先の申し込みを伝えるだけでOKです。しかも、すでに光回線を導入している場合には、新たな設備の切り替えなどはする必要がなく、局内工事だけで済むため、面倒な手続きは一切する必要がありません。もちろん、これまで使っていたモデムやルーター、端末なども、プロバイダーを変更しない場合には、変える必要がありません。

転用する場合に事務手数料がかかることがあります。これは、数千円程度です。人によっては、この費用を支払いたくないから、転用をするつもりはないという人もいるでしょう。しかし、これも払わなくてよいこともあります。核プロバイダーとも、現在は光コラボレーションの利用者を拡大させたいと考えており、キャンペーンで事務手数料を無料としている場合があるのです。したがって、そのようなキャンペーンを利用して転用すれば、一切事務手数料を払うことなく、また、面倒な手続きをすることなく、切り替えをすることが可能となります。

光コラボレーションを活用するもう一つのメリットは、プランが格安であるという点です。特に、長期割引をしているところは注目に値します。これは、一定期間契約を継続することを条件として、通常のサービス料金から値引きが受けられるというものです。多くは二年割のように、サービス名に、その期間が入っています。これで、月々の支払いが千円前後も変わることもあります。したがって、頻繁に回線事業者を変えるつもりがないという人にとっては、とても魅力的なプランと言えるでしょう。

注意点としては、利用開始後に、回線のスピードが変わってしまう可能性があるという点です。基本的に、回線は、利用者間で分け合っている形となっています。そのため、利用者が多ければ多いほど、回線スピードが圧迫されて、速度が出ないという可能性も否定できません。しかしこの点も、回線事業者が設備の増強を行ったり、たくさんデータ通信を行っている場合に制限を加えるなどすることによって、改善されるパターンもありますので、一概に利用者が多ければ多いほど、スピードが変わるというわけではありません。従前と同じようなプランを使用していた場合は、ほとんど回線のスピードは変化しないと考えても差し支えありません。

現在、始まってそれほど時間はたっていないため、どの回線事業者も、利用者の拡大を図っているため、前述の事務手数料を無料にするようなキャンペーンのほかにも、お得なキャンペーンが多数展開されているため、それを行っているプロバイダーを選ぶというのも、一つの賢い手段と言えるでしょう。例えば、あるところでは、一定期間内に契約をしてくれた人に対して、商品券をプレゼントしています。金額は、大体ひと月半分くらいの費用に相当する金額です。つまり、実質的に、一か月分ほどが、無料となるわけです。もし、少しでも安く、お得に転用したいと考えているのであれば、利用することをお勧めします。

最後に注意しておくべき点は、サービスの品質やその他のオプションについてです。確かに、光コラボレーションを活用して転用することで、料金が安くなるのが一般的です。しかし、場合によっては、これまで使っていたオプションが使えなくなってしまう場合もあります。それを使っている人にとってはこれはデメリットです。したがって、契約前によく確認をしておきましょう。

コメントを残す