不眠症の原因

睡眠は人間の体内のサイクルを維持するためにも必要な行動となっており、人間の本能としても必要とされている欲求のひとつとなっています。

そんな睡眠状態を阻害されてしまうのが不眠症であり、単純に眠れなくなるだけではなくその中にも色々な種類が存在しています。そのため寝つきが悪いもの、眠りが浅くて何度も起きてしまうもの、まったく眠れないもの、早くに目が覚めてしまうものなど人によってどのような不眠症になっているのか違いますし、実は眠れないだけではなく逆に眠りすぎてしまうものも不眠症の一種として取り扱われています。

そのため、どのようなタイプのものなのかを判別することが重要ですし、それによって原因や対処方法なども異なってきます。

ではそもそも不眠症はどのような原因で起こるのかというところなのですが、大きく分類すると心理的な理由・身体的な理由・精神医学的理由・薬理学的理由・生理学的理由があります。

心理的な理由としては簡単に言ってしまえばストレスのことをさしており、一時的なストレスによるものなのか継続的なストレスによるものなのかで対応が異なっていますが基本的にはストレスを緩和したり根本となっているものを除去することによって改善することが多いです。そして原因の中でも最も多い理由であるともされています。

身体的な理由としては体の病気や症状によるものであり、特に痛みを伴うものに関してはそれによって睡眠が妨害されていることが多くなっていますし、それによるストレスも重なって不眠となってしまうことが多いようです。それに近い理由である精神医学的なものというのが精神疾患や認知症などの精神的な疾患が原因での不眠であり、特にうつ病を患っている人に多い症状のひとつとして知られています。

薬理学は名前の通り服用している薬の副作用で眠れなくなるというケースのほかにもアルコール、カフェイン、ニコチンなどで不眠となるケースのことを指します。つまり生活習慣が原因で眠れなくなるというものであり、こちらも根本を解決すれば症状を緩和させることができます。また、この中でも比較的回復しやすいのが生理学的な理由であり、単純に環境の変化による不眠のことを言います。なので海外旅行に行ったり生活リズムが乱れると起こりやすくなっており、眠ろうとしても眠れなくなる状態となっているのです。

こちらの場合は環境を戻すか、体がその環境に慣れることによって徐々に改善してくることが多いとされています。

コメントを残す