亜鉛サプリメントは身体に良い効果がある

亜鉛は2000種類以上ある酵素の内、約300種類の組織に欠かせないミネラルのことを指します。その効果は細胞分裂や新陳代謝、たんぱく質の合成、抗酸化、アルコール分解、免疫活性化、そして育毛などの働きがあります。

しかし亜鉛は身体に貯蔵する方法がないため、食べ物などからの補給が必要になります。

亜鉛は肉類や穀物、野菜など色々な食品に含まれており、中でも特に多く含む食品が牡蠣や牛肉や卵で、他にも昆布やワカメなどの海藻類、白米、納豆、ブロッコリーなどがあります。

しかし毎日食べ続けることは難しく、食品からの亜鉛の吸収率は約30%です。この時にビタミンCと同時に食べると吸収率が良くなる性質がありますが、もっと効率的に摂取する方法として亜鉛サプリメントがあります。亜鉛サプリメントで摂取することにより今まで不足していた栄養を補うことができます。

この製品はネット販売だけではなくドラックマックスへ行けば見つけることができます。

亜鉛の効果や効能を簡単に説明すると酵素の活性化の他に免疫力の向上、血糖値の低下作用、記憶や精神の安定、胎児や子供の成長の手助けなどがあります。亜鉛が不足すると細胞分裂が正しく行うことができないために様々な欠乏症が現れます。例として実年齢と外見年齢が著しく離れてしまうことや、味覚障害が現れることがあります。その他にも肌の乾燥やシミ、脱毛や薄毛、抗酸化力の低下などが起こります。

亜鉛を摂取する推奨量は10歳から男性では9mg、女性では7mgが1日の目安です。この時妊婦と授乳婦の場合はさらに3mg多くなります。ただし過剰に摂取しすぎると副作用が生じます。1日100mg以上を長期摂取した場合、嘔吐や吐き気、脱水症、発熱、倦怠感などの症状が現れます。軽い状態で肌荒れや抜け毛の症状が現れますが、酷い状態になると急性中毒のになる危険性があります。この場合サプリメントではなく、牡蠣などの亜鉛を豊富に含む物の食べ過ぎが原因にもなりますのでご注意ください。

亜鉛サプリメントに頼る場合は、あくまで不足分を補うための目的でご使用ください。亜鉛は不足しても過剰摂取しても身体に悪い効果があるため、人によってはあまりお勧めしません。例えば、普段亜鉛を気にして食べ物を選んでいる人の場合は亜鉛サプリメントに頼る必要はありません。亜鉛サプリメントを使用する場合、どうしても亜鉛が不足してしまい補うために摂取する人にのみお勧めです。

亜鉛サプリの1日の摂取量

厚生労働省から推奨されている亜鉛の1日の摂取量は、成人男性で12mgであり、成人女性の場合には、1日9mgとされています。

そして、妊婦さんの場合には、成人女性の必要摂取量+2mg、授乳婦の場合には+3mgの摂取量が推奨量となっています。そして、実際に食事から摂れている摂取量は、成人男性で1日の平均が8.9mgであり、女性の場合には平均7.3mgとなっています。このように、実際に摂取できている亜鉛の量は、推奨量に比べると少ないのが現状です。

毎日口にする食べ物だけで、亜鉛の必要量を摂取することは難しいので、亜鉛を効果的に摂取する方法として、亜鉛サプリメントをおすすめします。亜鉛サプリを利用すれば、毎日手軽に必要量の亜鉛を摂取することができます。ただし、普段の食事から摂取する場合には、過剰摂取の心配はないのですが、亜鉛サプリメントを摂る際には、過剰摂取に注意しましょう。

亜鉛の耐容上限量は、成人男性で1日に40~45mgであり、成人女性の場合には、30~35mgとなっています。そもそも耐容上限量とは、それを摂取したすべての人が、健康障害を引き起こすリスクがないとみなされる、習慣的な摂取量の上限のことです。亜鉛に限らず、サプリメントを摂取されている方の中は、過剰摂取になりやすい傾向がありますので、服用する際には、用法・用量を守って正しく服用するようにしましょう。

亜鉛は、日本人の主食であるご飯や、パンなどの穀類から摂取することができます。ただし、加工食品やインスタント食品に多く含まれる食品添加物によって、吸収が阻害されてしまいます。ゆえに、普段からできるだけ加工食品やインスタント食品の摂りすぎには注意しましょう。また、食物繊維や豆類などに多く含まれる、フィチン酸によっても、亜鉛の吸収は阻害されます。

亜鉛を多く含む食材として、代表的なものが牡蠣となります。亜鉛サプリメントの主原料も牡蠣となります。前述しましたお米やパン、牡蠣のほかに亜鉛を含む食材は、牛肉や煮干しなどの動物性タンパク質、大豆などの豆類、ゴマやアーモンド、ナッツなどの種実類、ワカメや昆布などの海藻類などが挙げられます。また、抹茶やココアなどの飲み物にも、亜鉛は含まれています。これらの食材を積極的に摂ることと併せて、亜鉛サプリメントをうまく取り入れるようにしましょう。亜鉛は、飲酒によって消費量が増えてしまいますので、適量を心がけるようにしましょう。

コメントを残す