大きなモニターを使えば、パソコンで、ブラウザ画面と地デジのテレビ画面を同時に表示することが可能である

パソコンでテレビを見たいという人が多くなっています。これは、解像度が高いモニターの価格が求めやすいものになっているということが大きいと思います。どういうことかというと、昔のモニターというのは解像度が低く、ブラウザを表示してしまうと、もうそれだけで画面がいっぱいになってしまっていました。しかし、最近のモニターであれば、ブラウザを表示したとしても、サイドにスペースがあり、そこに別のソフトの画面を表示してもかぶらないことが多いです。なので、そういった空きスペースにテレビ画面を表示させれば、ネットをしながらテレビを見ることが出来て、一つの画面で複数の情報を同時に得ることが出来ます。非常に便利です。では、パソコンでテレビを見るためにはどうしたらいいのかというと、今のテレビは地デジなので、それに対応した外部機器を買ってきて増設する必要があります。中古ショップに、昔のアナログのテレビを受信出来るボードが売られていても、それでは見られないか、または、見られたとしても数年以内に見られなくなってしまいます。なので、テレビを受信する機器を購入する場合は、必ず地デジ対応のものを購入するようにしましょう。家電量販店へ行って、テレビが見られるボードを買えば、まず間違いないです。その時に注意するのは、自分が使っているパソコンのOSに対応しているか確認するということです。また、ボード型の場合は、形式が対応しているか確認しましょう。

コメントを残す