ワキ脱毛の種類

ワキ脱毛には自分で行うことのできる自己処理脱毛と、エステサロンや医療機関で行うワキ脱毛などがあるようです。自分で行うことのできるものには、
・ワックスによって行うワキ脱毛
・除毛クリームになどよる方法
・脱毛ローショーンによるワキ脱毛
・カミソリによる方法
・毛抜きによる方法
などがあります。

ワキ脱毛では、部分的にも手の届きにくい場所ではないでしょうか?なかなか自分ではお手入れがしにくいところでもありますよね。

しかし、塗るだけで簡単に脱毛できてしまう専用のワキ毛脱毛剤などでは、自分でも簡単にワキ毛が処理できるようになりました。だから定期的に家庭でもきれいにワキ毛脱毛ができるのですね。

また、医療機関やエステサロンなどで行うワキ脱などもあります。脱毛方法はレーザー脱毛・電気脱毛・光脱毛などがあるようですね。そして最近では、エステサロンでの脱毛も盛んで各サロンでキャンペーンなどがとくに活発になってきているようですよ。それで、格安料金などや技術指導とかのこともあって、サロン選びをするときにはしっかりとした技術をもっているサロンを選ぶということですね。それは、医療機関と違って脱毛によってお肌がトラブルになっても、エステサロンでは医療行為が行えないため、応急処置や薬による処方ができないということです。

医療脱毛とは、美容外科や皮膚科などの医療機関でするムダ毛の処理治療のことをいいますが、医療機器では厚生労働省が認可したレーザー脱毛を使用して行うところが多いのです。その際、医師が直接施術するか、監理下のもとで施術が行われることが、義務づけられているようですよ。そして、保険の適用では多毛症などの患者さんなどに一部の保険適応があるということで、最近では、美容目的のために治療に入れている場合が多く、保険の適応を設定していないところがほとんどだということなんですね。

それで、料金などのことはクリニックでも自由に設定されるということです。具体的な金額を提示してくれるクリニックや、カウンセリング前の料金とあまり変わらないクリニックなら安心して施術することができるようですよ。そして、カウセリングなどもしっかりとやってくれるというところがいいようですね。質問なども充分に受け止めてくれて、不安の残らないような施術をしてくれるところなら安心ですよね。

ワキ毛永久脱毛

ワキ毛などを脱毛する場合の永久脱毛法とは、毛を作る部分を壊ことで、毛を再生できなくするという方法で脱毛するというやり方だそうです。

一般的に低後として、脱毛が終了してから、1ヶ月後の時点で毛の再生が20%以下である状態をいうようですよ。そしてそのほう補として、レーザー脱毛・電気脱毛・光脱毛の3通りがあるということですね。

レーザー脱毛とは、毛の黒に反応する波長のレーザーを照射して、毛根部分に反応させるという事をします。気をつくる部分の熱で処理するという方法なんです。そして、レーザー脱毛にはいろいろな種類があって、クリニックやエステサロンなどで行うレーザー脱毛は別の種類だといわれているようです。レーザー脱毛は肌にやさしく副作用の少ない永久脱毛だといわれています。黒い色にだけ反応するということから、周囲の肌へのダメージが少ないということもあるようです。

敏感肌の方、アレルギーのある方、脱毛部位に色素沈着がある人でも、最小限のリスクで安全に脱毛ができるということです。それは、起こりうるリスクとして赤みなどがでることですが、通常は数時間で赤みは消失します。また、日焼けしていたり、もともと色の黒い人の場合などはレーザーが過剰に反応してヤケドを起す場合もあるようです。その場合には、ハイドロキノン(医療用美白剤)で肌の色を抜いてから脱毛を開始するなどすると安全に脱毛できるようですよ。

ほかのリスクなどもスキンケアを行なったりして、的確にレーザー機器の設定を行い、適切にレーザー照射すること・ジェルを塗る・レーザーのヘッドと肌の間に空気が入らないようにする等でかなり予防することができるようですよ。そして、電気脱毛などもあって、それは古くから行われている針脱毛だということですね。毛穴に金属棒をさしこんで、電気を流して脱毛する方法になります。1本1本処理しますので時間がかかって、痛みがあるということが欠点のようです。

そして光脱毛という方法もありますが、それは、IPLという、レーザーとは違った波長の光エネルギーを使ったものなんですね。レーザーに比べると、脱毛効果が低いということなどまだまだ疑問の残る脱毛法だということですよ。1900年代には、X線による脱毛法などもありましたが、発ガン性などが指摘されて行われなくなったものや、電気・高周波・ブレンドそして、レーザー脱毛というように歴史があるようですね。

コメントを残す