薬剤師の求人が多い業種

薬剤師として働くにはどの業種が一番良いのでしょうか。という疑問はとてもザックリし過ぎていて、人によっては答えにバラつきが出てしまうかもしれません。ある人はドラッグストアでアルバイト感覚で働いた方が良い、という人もいるでしょう。ある人は病院で人の為に働きたいという人もいるかもしれません。ある人は企業で社会に役立つような仕事がしたいと力説する人もいますよね、きっと。

どれも悪いことではないと思いますが、薬剤師と言ってもこれだけ多くの業種があるというのがよくわかります。薬剤師の求人広告や求人サイトなどに出ている業種も非常に様々。上に書いたようにドラッグストアもあれば病院やクリニックもあります。もちろん企業や製薬会社と書かれている業種もありますし、他にもいろいろ・・・。

薬剤師の求人サイトによってその表現も様々なので一概に『薬剤師にはこの業種がある』と言い切るのは難しいですが、それでも多くても7~8種くらいの業種に大別できそうです。その中でも良く見かけるのはやはりドラッグストアや病院ですかね。ただの病院と書かれている場合もあれば総合病院と書かれているところも。病院とクリニックが分けられている場合もあれば同じカテゴリーに入っている求人サイトもあります。

ですが、薬剤師の求人が多い業種として代表的なのは何と言っても調剤薬局かもしれません。非常に多い。確かに、街を歩いていると至るところに見かける調剤薬局。そんな状況ですから薬剤師自体も不足しているのかもしれませんね。

薬剤師の求人が多い職種

薬剤師という仕事は働く場所などによって、その職種が細かく分けられている特殊な職業でもあります。薬剤師の資格を持っていることで様々な場所で働くことができ、その力を存分に発揮することができるという、とてもメリットの大きい仕事でもあるんです。国家試験を受けて合格しなければならないので薬剤師になること自体が簡単なことではありませんが、薬剤師の免許を持っていれば仕事がなくなることはないとも言われているので、そういった意味ではオイシイ仕事でもあるわけですね。薬剤師の求人は後が絶えることがない求人のひとつですが、募集する側の勤務地などによって求めている職種・業種が変わってきたりします。調剤薬局などで調剤を求められたり、ドラッグストアで薬品の販売に携わったり、または企業などに就職する場合もあれば、病院で勤める場合もあります。

例えば企業であれば、薬の研究を行ったり、または新薬の開発に携わったりなど。学校現場などの教育に関わる仕事も薬剤師の重要な業務のひとつ。衛生管理や、薬物についての教育をするという職種もたまに見られます。そんな多岐に渡る薬剤師の職種の中でも求人によく登場するのは、調剤薬局での勤務でしょうか。職種自体は薬剤師なんですが、業種として調剤薬局で働いて欲しいという求人が多く見られる傾向があります。ドラッグストアなどで薬を販売する、いわゆるOTC販売と呼ばれる仕事も薬剤師の求人の中ではとても多い割合を占めています。

そのふたつに次いで多いのは病院での勤務。企業などの求人はそこまで多くはないので、希望している人は根気よく探す必要があるかもしれません。

薬剤師の求人が多い雇用形態

薬剤師の求人として一般的なのところは、薬局やドラックストア、また病院や製薬会社などといったところです。これらについては、もちろん中途採用としての薬剤師の求人なども数多く見受けられ、また未経験者でも可とするところもありますが、やはり経験者優遇とするところが多いようです。採用については待遇面について経験者を優位とするのは当然ですが、例え未経験者であったとしても、研修制度や教育制度、またOJTが整ったところも多くあります。

薬剤師の求人に見られる雇用形態も様々です。正社員、パート、アルバイト、さらには契約社員など、その方のライフスタイルに合わせて様々な雇用形態があります。薬剤師の求人サイトなどを見ると、中には“ママさん薬剤師の求人”などといったものまで目にすることができます。そのようなパートやアルバイトのような雇用形態は、主に家庭を持った主婦の方が多いようです。ですか、男性であり一家の生計を支える立場の方であれば、正社員がベストです。

もちろん、正社員はパートやアルバイトと違いフルタイムでの勤務となりますし、就業規則や給料規定により勤務することになり、福利厚生もしっかりと完備した雇用形態となります。その一方で、薬剤師の求人には、契約社員という雇用形態も数多く見られます。この勤務では毎年あるいは半年で契約を更新することになりますが、一般的に高収入である場合が多く、また採用条件でも経験者とされることが普通です。契約更新する雇用形態である契約社員の場合、実力が問われることが多く、経験年数というものも実力の範疇で捉えられます。このため、未経験者では、経験者と比べて条件が不利となることが多いようです。

コメントを残す