白髪染めの種類

白髪が多く生えてくるようになると、「そろそろ染めた方がいいかな?」と白髪染めを使用する方も多いかと思います。ひとことで白髪染めといっても、複数の種類があるのをご存知でしょうか。一般的に白髪染めは、ヘアカラー・ヘアマニキュア・一時染め…の3つに大きく分けることができ、それぞれに得られる効果、または用途が異なっています。

ヘアカラーは、酸化染料とアルカリ剤を混ぜたものと、酸化剤が別々で封入されており、使用前に自分でこの2つを混ぜて毛髪に直接塗る液剤を作ります。この液剤は、液状タイプ・クリームタイプ・ジェルタイムなどがありますが、液状タイプのものが主流となっているようです。ヘアカラータイプの仕組みとしては、毛髪の表面にあるのキューティクルを液剤を塗ることで開き、そこに酸化染料を染み込ませて色をつけていきます。

毛髪1本ずつに直接染料を塗り込むことになりますので、白髪染めを一度行うだけでもしっかりと白髪を染めることが可能ですし、持続性も高くなります。しかし、本来、毛髪を守るために存在しているキューティクルを強引に開いてしまうわけですから、当然、髪・頭皮への刺激は強くなりますし、大きなダメージを与えてしまうことになりますので、毛髪の様々なトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

ヘアマニキュアは、毛髪の表面にあるキューティクルを無理矢理開くのではなく、毛髪の表面を染料によってコーティングさせる方法です。もちろん、脱色するわけでもありませんから、毛髪や頭皮への刺激は少なく済み、更に毛髪をコーティングすることで、染めた後の髪に艶を与えることも可能となっています。

しかし、ヘアカラーのように毛髪のなかに染料を染みこませるわけではありませんから着色力は弱く、持続性もあまりありません。一度ヘアマニキュアを使用すると、およそ1ヶ月ほどで白髪染めとしての効力が失われてしまうため、白髪染めの期間は短くなってしまいます。白髪染めのを行う回数が苦にならない方や、ヘアカラー使ったことで毛髪・頭皮を傷めてしまった場合の代替えとしての使用には、このヘアマニキュアによる白髪染めはピッタリだと思いますよ。

そして、一時染めというのは、1日限りの白髪染めが可能となっています。

例えば、普段は白髪のままでも気にならないけれど、同窓会や結婚式など、あらたまった場に出席する場合や、ちょっとお洒落をして出掛けたい…という時などに使用すると、その日だけは白髪を隠すことができます。白髪を染める時間がなかったという場合などにも良いですよね。毛髪を染めるというよりも、一時的に白髪を目立たせないようにするためのものですから、夜にシャンプーで洗えば、当然、すぐに落ちてしまいます。

その分、手軽に使用することができますし、ほとんどの一時染めの商品は毛髪や頭皮への刺激が低くなっていますので、比較的安心して使用することが可能となっています。

コメントを残す